やっぱり、走るのが好き!

『変形性膝関節症』って何?『高位脛骨骨切り術』って何? 膝の痛みに“おさらば”して、再び走ることを目指す“シニアランナー”のブログです。

高位脛骨骨切り術 -入院中の裏話

『高位脛骨骨切り術』を受けました。

今回は、入院中の患者さん仲間の、入院にまつわるお話です。

 

f:id:izayoi_no_tsuki:20200919225155j:plain

 

1)人工関節置換術で入院した患者Aさんのお話

人工関節置換術で入院していますが、その前にも病気で入院していました。

病気というのは、口蓋垂(のどちんこ)の横にできた、悪性リンパ腫です。

咳、のどの渇き、飲み込みにくいなどの症状が出て耳鼻科に行くと、すぐに別の病院を紹介されました。

その病院ですぐに病気の告知をされましたが、その時は心の準備ができていなくて受け止めきれず、後になって泣けてくるという状況でした。

20回の放射線治療を行いました。副作用で、髪が抜けて半分坊主のようになりました。そして、半年くらい鋳物のような匂いが続いて食欲がなくなり、かなりやせました。

現在は、寛解の状態で、定期的に検査しています。

>>>>>

雑談のなかで、このお話をサラッとされました。

大変な病気を経験してなお膝の手術も受けるという、とても前向きな方です。

 

2)人工関節置換術で入院した患者Bさんのお話

人工関節置換術は2回目で、前回とは別の足を手術しました。約3週間の入院です。

手術後3日間は尿管を入れたままなので、あまり自由に動けません。そのため手術時には、3泊4日ほど家族が付き添います。尿管を外したら歩行器を使って歩き、手術して1週間後には1本杖で歩けるようになります。

膝の曲げ伸ばしのリハビリは結構大変です。140度くらい曲がるようになると、自転車にも乗れるので、それがひとつの目標です。

>>>>>

皆さん前向きです。人工関節置換術は両足を手術する方が多いようです。

 

3)骨切り術で入院した患者Cさんのお話

別の病院に、ヒアルロン酸を注射しに通っていましたが、改善の兆しもないので行くのをやめました。この病院では、手術の話は全くありませんでした。

その後、膝の痛みがひどくなったので、この病院に来ました。ここでは骨切り術を勧められ、すぐに手術することを決めました。関節に壊死している部分もあって、自分の膝関節内の骨移植もしました。

>>>>>

骨壊死まで症状が進んでいるとなると、だいぶ痛みもあったのではないでしょうか。

症状がなかなか改善しなときは、セカンドオピニオンも必要ですね。

 

高位脛骨骨切り術 -リハビリ、そして退院(その8)

『高位脛骨骨切り術』手術の後、リハビリ病棟でのリハビリと、退院までの経過(その8)です。

今回は、手術後4週目(25日目~28日目)の様子、です。

 

手術後25日目~26日目(2020年6月下旬)

膝の熱はまだあります。しばらく熱は治まらない感じです。

退院に向けて、書類を確認します。

保険会社に提出する診断書が必要なので、問診票に必要事項を記入して準備しておきます。また、職場へ提出する診断書は、別途、申込書を準備しておきます。

 

f:id:izayoi_no_tsuki:20200918212345j:plain

診断書

手術後27日目

退院も明日となりました。

理学療法士さんが病室に来て、退院後に家で行うリハビリについて説明してくれました。

①ふくらはぎ/足首のストレッチ

立った状態で両足を前後に開き、重心を前足にかけます。後ろの膝を伸ばし、踵が浮かないように注意します。10~15秒、

②膝を曲げる練習

体育座りになり、両手で足首をつかんで、踵をお尻につけるようにします。5分間行います。

③太ももの筋トレ

床に寝て足を伸ばします。膝を伸ばして、2~3秒間太ももの筋肉を硬くします。そのまま足を浮かせて10秒間キープします。5~10分間行います。

④横向きに寝た状態で、腰が開かないようにして足を肩幅に持ち上げます。そのまま10秒間キープします。5分間行います。

 

太ももの筋肉がつかないと、走ることはおろか歩くことも厳しそうです。

毎日、まじめに行うことが、回復への近道です。

 

手術後28日目

いよいよ退院です。

退院の前に、CPMと回診です。そして回診後、すぐに最後のリハビリがありました。

今日から、全荷重です。松葉杖なしで歩く許可がでました・・が、不安なので1本だけ松葉杖を借りていくことにしました。松葉杖を右手にだけ持って、歩く練習をします。膝が痛くなったときは、松葉杖に荷重を逃がします。

理学療法士さんに一本杖の長さを調整してもらい、一本杖を使って歩く練習もしました。一本杖は松葉杖に比べて荷重をかけられないので、当分は片松葉杖になりそうです。

 

そして、退院手続きです。

必要事項を記入した問診票と、入院前に保険会社に頼んで準備してあった「保険会社専用の診断書」を受付に提出します。支払額はもろもろ合わせて約24万円になりました。

会計を済ませて、片松葉杖で退院です。あっという間の4週間でした。

次回からは外来での診察です。

 

高位脛骨骨切り術 -リハビリ、そして退院(その7)

『高位脛骨骨切り術』手術の後、リハビリ病棟でのリハビリと、退院までの経過(その7)です。

今回は、手術後4週目(22日目~24日目)の様子、です。

 

手術後22日目(2020年6月下旬)

今日から左足に体重の1/2の荷重をかけます。1/3荷重の時と同じ練習をします。

松葉杖で体を支えながら左足を体重計に乗せて、20~25キロの間になるように荷重をかけます。その時に腕かかる力の加減を覚えておきます。大体の感じをつかんだところで、松葉杖を使って歩く練習をします。

 

 松葉杖を使うようになって1週間たち、“松葉杖の不便さ”にもだいぶ慣れてきました。

車椅子と違って松葉杖の不便なところは、両手がふさがってしまうことです。特に、水の入ったコップや大きな荷物などは持ち運ぶのが難しいのです。当然といえば当然ですが、今まで気にも留めていなかったことです。

 

松葉杖で荷物を持つときは、何か袋に入れて持ち運びます。

例えば、洗面の時の歯ブラシやコップ、自動販売機で買ったペットボトルを持つときはレジ袋を利用します。シャワーや洗濯の時など荷物が多いときは、リュックサックや大きめのエコバッグが便利です。

そして、荷物はできるだけ少なくすることも重要です。

洗濯の時は、ボトル入りの洗剤ではなくジェルボールの洗剤にして、ジェルボールを1つだけ持っていきます。シャワーの時は、ポンプ式のシャンプーやボディソープを、その都度小分けの小さなボトルに詰め替えます。

 

経験しないと気付かないことがたくさんありますね。

  

手術後23日目

リハビリの筋トレで少し筋肉痛になっています。退院に向けて頑張っています。

手術部位にはまだ熱があり、腫れもあります。松葉杖を使うと、それにむくみも加わります。

足を高くして、氷のうで冷やすことで楽になります。

寝返りした時の痛みは、少し良くなってきました。

  

膝裏のあざも良くなっていました

膝裏のあざもだいぶ薄くなりました

手術後24日目

松葉杖を使って、階段の昇り降りの練習をしました。

昇るときは良いほうの右足から一段昇り、続けて松葉杖と左足を引き上げて右足に揃えます。一段ずつゆっくりと昇ります。降りるときは松葉杖と手術した左足から降ろして、続けて右足を降ろして揃えます。昇り降りどちらにしても「良いほうの足が上」になっていればOKということです。

最初は、“脳トレ”しているかのようで、頭で考えないと足が出ていきません。ゆっくりと階段の昇り降りを練習しました。

 

退院して日常生活に戻った時に、こんなにゆっくり歩いていたら間違って誰かに突き飛ばされそうで、階段を使うのも少し怖い気がします。

 

高位脛骨骨切り術 -リハビリ、そして退院(その6)

『高位脛骨骨切り術』手術の後、リハビリ病棟でのリハビリと、退院までの経過(その6)です。

今回は、手術後3週目(15日目~21日目)の様子、です。

 

手術後15日目(2020年6月中旬)

平熱です。

今日から、松葉杖を使って左足に体重の1/3の荷重をかけて歩きます。車椅子は卒業です。

リハビリでは、松葉杖で体を支えながら左足を体重計に乗せて、15~20キロの間になるように荷重をかける練習をします。その時に腕かかる力の加減を覚えておきます。大体の感じをつかんだところで、松葉杖を使って歩く練習をします。左足と松葉杖を同時について歩きます。1/3荷重とはいえ、両足をついて歩くのはバランスがとり易く、とても楽です。

歩く練習の他には、1キロのウエイトを使って、太ももを鍛える筋トレをしました。

 左足に荷重をかけることができるようになり、これで「フットポンプ」と「弾性着圧ソックス」はお役御免になります。やっとスッキリしました。「フットポンプ」が取れて足を動かしやすくなったのは良いのですが、夜に寝返りをしたときに痛みで目を覚ましてしまうことが増えてしまいました。

 

手術後16日目~17日目

松葉杖を使うときの、立ち上がりの痛みは、ほぼ無くなりました。

ただ、久しぶりに足をついて歩いたせいか、すねが少し痛くなってきました。今まで使っていなかった部分が、筋肉痛になったようです。

 傷に貼ってあるテープが少しずつはがれてきています。テープは端から少しずつはがれていって、いつのまにか取れてしまいます。このテープを無理にはがすと、一緒にカサブタまではがれてしまい黴菌が入る可能性もあるので、自然にはがれるのを待ちます。12枚あったテープが8枚まで減りました。 

テープが自然にはがれるのを待ちます

テープが自然にはがれるのを待ちます

手術後18日目~21日目

膝の痛みも少し楽になってきました。ただ、触ると熱を持っていて、腫れもまだあります。すねの痺れたような感覚はまだあります。膝裏のあざはだいぶ薄くなってきました。

 リハビリで、膝の曲げ伸ばしをしますが、何度か曲げ伸ばしをすると、踵が太ももの裏につくようになってきました。筋トレも、ウエイトを使って太ももの前と横を鍛えます。ウエイトの重さが増えたのか、次の日は軽い筋肉痛になります。

 一日のルーティンが、3食の他は、回診、CPM、シャワー、洗濯、リハビリ、昼寝、です。痛みがあるときは、それだけでも一日が短く感じられていましたが、痛みが薄れてくると逆に長く感じるようになります。だんだん暇を持て余すようになってきました。

 

退院は1週間後と決まりました。

 

プライバシーポリシー

当ブログにおける個人情報の取扱いについて、以下のとおりにプライバシーポリシーを定めます。

 

運営者情報

運営者:十六夜の月

ブログURL:https://izayoi-no-tsuki.hatenablog.com/

 

 

個人情報の利用目的

当ブログでは、メールでのお問い合わせやコメントの際に、お名前(ハンドルネーム)・メールアドレス等の個人情報をご登録いただく場合があります。

これらの個人情報は、質問に対する回答や必要な情報をご連絡するために利用し、それ以外の目的では利用しません。

 

個人情報の第三者への開示

個人情報は適切に管理し、以下に該当する場合を除いて第三者に開示することはありません。

・本人のご了解がある場合

・法令等への協力のため、開示が必要となる場合

 

個人情報の開示・訂正・追加・削除・利用停止

個人情報の開示・訂正・追加・削除・利用停止をご希望の場合には、ご本人であることを確認したうえで、速やかに対応致します。

 

Cookieについて

当ブログでは、一部のコンテンツにおいてCookieを利用しています。

Cookieとは、webコンテンツへのアクセスに関する情報であり、お名前・メールアドレス・住所・電話番号は含まれません。

また、お使いのブラウザ設定からCookieを無効にすることが可能です。

 

広告の配信について

当ブログは第三者配信の広告サービスを利用しています。

広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookieを使用することがあります。

  

アクセス解析ツールについて

当ブログでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。

Googleアナリティクスは、トラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ます。

 

著作権について

当ブログで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属します。権利を侵害する目的ではありません。

記事の内容や掲載画像等に問題がある場合、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。本人確認後、対応致します。

また、当ブログのコンテンツ(記事・画像・その他プログラム)について、許可なく転載することを禁じます。引用の際は、当ブログへのリンクを掲載するとともに、転載であることを明記してください。

 

免責事項

当ブログからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動した場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。

当ブログのコンテンツについて、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めていますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっている場合があります。当ブログに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

 

プライバシーポリシーの変更について

当ブログは、個人情報に関して適用される日本の法令を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直しその改善に努めます。

修正された最新のプライバシーポリシーは常に本ページにて開示されます。

 

初出掲載:2020年9月13日

高位脛骨骨切り術 -リハビリ、そして退院(その5)

『高位脛骨骨切り術』手術の後、リハビリ病棟でのリハビリと、退院までの経過(その5)です。

今回は、手術後2週目(11日目~14日目)の様子、です。

 

手術後11日目~12日目(2020年6月上旬)

熱は36.9度。便がやっと普通に戻りました。

 

リハビリは、筋トレが中心になってきました。

今日からのリハビリメニューです。

①膝と足首の曲げ伸ばしをします。足首の曲げ伸ばしは、歩いたり、走ったりするのに重要なストレッチです。

②両足を伸ばして座り、太ももに力を入れます。踵が少し浮くようになります。

③上向きに寝て、左膝と右足首にウエイトを乗せ、太ももに力を入れて3秒、足を少し上げて5秒我慢します。

④横向きに寝て、上になった足を斜め後ろに上げます。お尻の横の筋トレです。

⑤うつぶせに寝て、両足を少し上げます。お尻の筋トレです。

 

リハビリの後は、氷のうで膝を冷やします。

氷のうは、看護師さんが用意してくれた包帯で適当に止めていました。足を動かすとずれて何度も結びなおしていましたが、同室の方に、氷のうを包帯で固定する良い方法を教わりました。

氷のうの固定方法

氷のうの固定方法

①中央に穴をあけた伸縮性のある包帯を準備します。

  (おおよそのサイズ:幅17cm×長さ120 cm、穴の長さ8 cm)

②膝の上にタオルを置き、氷のうをのせます。

③包帯の穴を、氷のうのふたの部分に通します。

④包帯を膝の裏で交差して、表側に戻します。

⑤包帯を一度結びます。その結び目を広げ、氷のうのふたの部分に通したら、端を左右に引きます。

⑥ふたの横で硬めに結びます。 

 これで、氷のうがずれにくくなります。

 

手術後13日目~14日目

平熱で、体調は良くなってきました。膝の腫れも少しひいて、膝頭の形が見えてきました。手術後14日目に撮ったレントゲンでも、特に問題は無いようでした。

 

リハビリも順調です。

膝の曲げ伸ばしは、体育座りで足首を持って踵がお尻に近づくように、ゆっくりと膝を曲げていきます。いつも膝の裏が苦しくなると、そこが限界と思ってそれより曲げるのをやめていしました。今日は、理学療法士さんに押してもらうと、踵がお尻に触れるくらい曲げることができました。

少しずつ回復している感じがします。

 

松葉杖を使ってみると、立ち上がった時の痛みが少なくなっています。

そろそろ車椅子も卒業でしょうか。

 

高位脛骨骨切り術 -リハビリ、そして退院(その4)

『高位脛骨骨切り術』手術の後、リハビリ病棟でのリハビリと、退院までの経過(その4)です。

今回は、手術後2週目(9日目~10日目)の様子、です。

 

手術後9日目(2020年6月上旬)

相変わらず熱は37度。便はゆるゆるです。

膝の痛みは、だいぶ楽になってきました。動かなければ、ですが。

 

回診で、傷を止めている白いテープをはがし、新しいテープに貼り替えました。

そして、その上をガーゼで覆ってばんそうこうで止め、包帯を巻きます。

傷口をホチキスのようなもので止めた場合は抜鉤(ばっこう)をしますが、私の場合は吸収される糸で縫合されているので、テープの貼り替えのみでした。

傷のテープを張り替えたので、今日はシャワーとアクセラスはお休みです。

 

CPMは120度になりました。

リハビリは、昨日のメニューに加えて、お尻の横の筋トレが加わりました。横向きに寝て、上になった足を斜め後ろに上げる、地味ですが結構きつい筋トレです。

 

 

手術後10日目

熱は36.9度。やっと36度台になりました。便は下痢状から軟便になりました。

体調が少し良い方向に向かっています。膝の腫れはほんの少し良くなってきました。

 

膝裏のあざ

膝裏のあざ

回診で、包帯とガーゼがとれ、白いテープのみになりました。

包帯がとれてみると、膝の裏から踵にかけて、黒あざができているのに気が付きました。

黄色く変色しているところもあるので、手術直後はもっと酷い状態だったのでしょう。

ふくらはぎやスネをさわると、足が痺れたときに触っているような鈍い感覚です。

 

CPMは120度。これからはずっと120度です。

リハビリは昨日と同じ、膝と足首の曲げ伸ばしと、太ももの前、お尻の横の筋トレです。

 

リハビリの時はもちろん、寝るときも、「弾性着圧ソックス」ははいたままです。

ベッドにいるときは、「フットポンプ」を装着します。

「弾性着圧ソックス」をはいていると、むず痒いいような感じがして煩わしくなってきます。

「フットポンプ」の空気を送り出す音は、夜になるとうるさく感じます。

痛みが楽になってきているので、こんな事を感じる余裕が出てきたようです。