やっぱり、走るのが好き!

『変形性膝関節症』って何?『高位脛骨骨切り術』って何? 膝の痛みに“おさらば”して、再び走ることを目指す“シニアランナー”のブログです。同じお悩みをお持ちの方の参考になればうれしいです。

1999年サンアントニオマラソンの旅(その5)-マラソン大会の前編

20年前のマラソン旅行、今回は「マラソン大会の前編」です。

11月17日、いよいよマラソン大会の日がやってきました。 

f:id:izayoi_no_tsuki:20201129161626j:plain

ラソンコース

スタート前

ラソンのスタートは、朝の7時です。スタート地点までは歩いて15分程度ですが、何となく落ち着かず4時前に起きだして準備を始めます。妹がわざわざ家から炊飯器を持参して、朝食におにぎりを握ってくれました。ありがたいです。

6時頃ホテルを出て、スタート地点に向かいます。集合場所のアラモドームまでは妹の旦那さんが付き添ってくれました。アラモドームは、スポーツ大会が開催されたりコンサートが行われたりする大きな屋内競技場です。昨日もプエルトリコの歌手リッキー・マーティンのコンサートがアラモドームで開催されていて周りはすごい賑わいでした。

ホテルを出たときはまだ薄暗く、薄いウインドブレーカーを着てちょうど良いくらいの気温でしたが、アラモドームの近くでウオーミングアップをしているうちにしだいに明るくなってきました。スタートの時間が近づくにつれて次第にランナーが集まってくると、気分も高揚してきます。 

f:id:izayoi_no_tsuki:20201129161239j:plain

 

スタート

着ていたウインドブレーカーを妹の旦那さんに預け、スタート位置に並びます。特に指定がなかったので前の方で待機します。ランナーの多くはアメリカ人やメキシコ人ですが、この大会には日本人も含めて6か国から参加しているようです。

スタート前にアメリカ国歌の斉唱がありました。胸に手を当てて一緒に口ずさんでいるランナーもいて、アメリカの大会という雰囲気を感じます。その後、車椅子の選手がスタートし、続いて5分ほどしてから、マラソンと2人でハーフを走るリレーマラソンと合わせて2000人のランナーが一斉にスタートしました。

f:id:izayoi_no_tsuki:20201129161338j:plain

アラモドームをスタートして、まず近くのコンベンションセンター(展示会議場)の周りを1周します。スタートの混雑はすぐに解消されて自分のペースで走ることができます。前方に妹と子供たちが旗を振って応援しているのが見えてきました。私も手を振ってそれに応えます。いつでも応援は力になります。

 

5km付近

アラモ伝道所、そしてトラビスパークの前を通過します。

アラモ伝道所はアラモ砦の戦い(テキサス共和国とメキシコ軍との戦闘)の舞台となったところです。キリスト教の伝道所とし建設されましたが、その後軍事要塞として使用されました。

石造りで日本の城壁とどこか似ています。13日間にわたって激しい戦いがこの場所で起こったのだと思うと、ゆっくりと眺めていたくなりますが、横目でちらりと見ただけで通り過ぎます。

f:id:izayoi_no_tsuki:20201129161414j:plain

アラモ砦

10km~18km

10kmを過ぎたあたりで、米陸軍施設の敷地内に入ります。最初は気がつかなかったのですが、通常は立ち入りができないところのようで、見渡すと敷地は柵で囲われています。軍の制服で応援している姿もところどころで見かけました。中にはギターを持ち出して陽気に歌いながら応援しているグループもいました。ランナーもみんな楽しそうに走っています。熱い応援のせいか、汗ばんできました。気温も上がってきているようです。

給水所は全部で14ヵ所、約3km毎にありますが、応援に気を取られて水分補給を忘れないように気をつけないといけません。

陸軍施設の敷地を出て、サンアントニオ植物園を通過します。このあたりから建物が少なくなり、代わって緑が多くなってきます。

 

(その6)へ続きます。

 

1999年サンアントニオマラソンの旅(その4)-サンアントニオ編

20年前のマラソン旅行、今回は「サンアントニオ編」です。

いよいよ、サンアントニオへ出発する日がやってきました。

 

f:id:izayoi_no_tsuki:20201122170219j:plain

 

サンアントニオに向けて出発

ラソン大会の2日前、いよいよサンアントニオに向けて出発です。

出発前に妹の息子と娘(私の甥と姪です)が、応援の旗作りをしていて、出発の時間が少し遅くなってしましました。

ラレードからは州間高速道路35号線でサンアントニオに向かいます。高速道路といっても料金はかかりません。

ラレードの街外れを過ぎると、建物がほとんどない牧草地になり背の低い木々が道路沿いに見えるようになります。広大な土地に牛や馬を放牧している牧場もあります。窓の外を眺めていて大きな石が転がっていると思ったら、アルマジロでした。アルマジロテキサス州の「州の動物」ということもあり、よく見かけます。 

f:id:izayoi_no_tsuki:20201125225255j:plain

アルマジロ

途中セカンドボーダー(第2の国境)と呼ばれている国境警備隊のチェックポイントを通過しました。

当然メキシコとの国境にも“アメリカ合衆国税関・国境警備局”の検問所はありますが、国境近くの主要道路にも内部検問所があります。踏切の遮断機のような感じで通り抜けできないようになっていて、横にカウボーイハットをかぶりライフル銃を持った警備員が立っています。日本国内では考えられない光景です。

 

高速道路を走っていても日本のような立派なサービスエリアはありません。高速道路を降りて、お店に立ち寄ったりトイレ休憩をしたりして、サンアントニオのホテルに到着したときは、すでに暗くなっていました。

ホテルはマラソン大会のスタート&フィニッシュ地点のすぐ近くで、窓からはアラモドームも見えました。

 

サンアントニオの街

テキサス州では、カウボーイハットやカウボーイブーツを街中でよく見かけます。まるで西部劇のような雰囲気があります。サンアントニオでも警察官が普通にカウボーイハットをかぶっていました。

ホテルで朝食をとった後、川沿いの遊歩道を散歩しました。サンアントニオはリバー・ウォークでも有名で、中心街を流れるサンアントニオ川に沿って遊歩道があります。水路沿いにはレストランやカフェが並び、ボートツアーも楽しめます。 

f:id:izayoi_no_tsuki:20201125225525j:plain

 

受付け会場

大会前日にマラソン大会の受付け会場に行きました。受付け会場となっているのはホテルから車で5分(歩いて約20分)のヒストリック・マーケット・スクエアにある芸術センター(Centro de Artes)です。

ヒストリック・マーケット・スクエアはメキシコの魅力を堪能できる商店街で、メキシコ民芸品店やメキシコ料理店などのカラフルな建物が軒を連ねています。ソンブレロをかぶったマリアッチ風の楽団がメキシコ音楽を演奏していたり、大道芸人がパントマイムをしていたりと、通りを歩いているだけでも十分楽しめます。ケーナの笛の音が特徴的なアンデス音楽もどこからか流れてきます。

f:id:izayoi_no_tsuki:20201125225557j:plain

ヒストリック・マーケット・スクエアで買ったお土産

受付け会場で参加登録をして、イベントプログラムやTシャツ、飲み物などが入っているパッケージを受け取ってきました。妹の息子と娘たちも1/4マイル(約400m)の未就学児キッズランに参加するので、同じパッケージを受け取って大はしゃぎです。 

f:id:izayoi_no_tsuki:20201125230149j:plain

イベントプログラム

賞金が出るのです

アメリカに限りませんが、副賞として賞金が出るマラソン大会が結構あります。

プログラムをよく見ると、サンアントニオラソンでも賞金が出るようです。表彰は年代別に5歳刻みで5位までですが、賞金は男女総合の1位に$1000、2位に$500、3位に$250、4位に$125、といった具合です。 

f:id:izayoi_no_tsuki:20201125230402j:plain

賞金

 

いよいよ明日は大会本番。ヒストリック・マーケット・スクエアで聞こえていた素敵な音楽が頭の中で反芻されて、気持ちも高ぶってきます。

 

(その5)へ続きます。

1999年サンアントニオマラソンの旅(その3)-ラレード編

20年前のマラソン旅行、今回は「ラレード編」です。

いくら眠っても眠い、そんなラレード1日目の朝が来ました。マラソン大会は1週間後です。それまでは、ラレードでの日常生活を楽しみます。

 

f:id:izayoi_no_tsuki:20201122170219j:plain

 

ラレードの街

ラレードはメキシコとの国境が近く、この地域ならではの独特の雰囲気が感じられます。

ヒスパニック系(メキシコ人)の人口が多いので、スペイン語も使われています。近くに大きなショッピングモールがあって滞在中に何度か遊びに行きましたが、店員からスペイン語で話しかけられたこともありました。

メキシコ料理のお店もよく見かけます。メキシコ料理といえば、トルティーヤに肉や野菜を挟んで食べるタコスが有名です。アボカドペーストのワカモレや唐辛子が決め手のサルサソースなどをお好みでつけて食べます。アボカドペーストのワカモレは美味しくてすぐに私のお気に入りになりました。

 

f:id:izayoi_no_tsuki:20201125153950j:plain

ワカモレとトルティーヤチップス

ラレードに来て、私は初めてアボカドの存在を知りました。現在アボカドは普通にスーパーなどに並んでいますが、当時は日本ではあまり売られていなかったように思います。 

 

ハロウィーン

ラレードに到着して2日目の31日は、ハロウィーンです。夕方になると、仮装した子供達が家々を訪ねまわってキャンディを集めていきます。いろいろ工夫してハロウィーンの飾り付けをしている家々をめざし、主役の子供達はお姫様やマンガのキャラクター等に変身して練り歩きます。小さな子供の親御さん達は、その様子をつかず離れず見守っています。

子供たちはみんなとてもかわいらしく、たくさんのキャンディが入ったバスケットをかかえて楽しそうです。

 

f:id:izayoi_no_tsuki:20201125154213j:plain

 

お祭りの最後は、ピニャータの登場です。ピニャータはメキシコや中南米でお祝い事の時によく登場します。

ピニャータは動物やキャラクターなどの形をした張りぼてで出来ていて、中にお菓子が詰め込まれています。

吊り下げられたピニャータを、目隠しした子供たちが順番に棒でたたいて壊します。ピニャータが壊れてお菓子がこぼれ落ちると、一斉に子供たちが拾い集めるのですが、これが大騒ぎで盛り上がります。

 

カルチャーショック

アメリカについて現在の日本では普通に知られていることが、当時は知らないことばかりで驚いたり感心させられたりすることが多々ありました。

・なんでもビッグサイズ!!

とにかく売っている物のサイズや1パックの量が大きいのです。スーパーマーケットで売っている肉は大きなブロックだし、お菓子、飲み物、洗剤などの1パックの量が多かったり、ハンバーガーのサイズが大きかったり・・。洋服のサイズも5L以上のビッグサイズがそろっています。

・飲料水を買う

水道水は飲めないので、20リットル入りの飲料水をスーパーマーケットで大量に買ってきます。日本ではまだ水を買う習慣が無かった頃です。

f:id:izayoi_no_tsuki:20201125154626j:plain

飲料水:こんな感じです

・ビュッフェスタイルのレストラン

ビュッフェスタイルで、食べ放題のレストランが多くあります。このようなお店も20年前の日本では少なかったように思います。

2.99ドルでピザが食べ放題のお店もありました。ピザを皿に山盛りにのせているお客さんがいて、食べきれるのかと気になっていると、さらにお代わりも山盛りにしてくるので、驚きです。

 

ラソン大会に向けて

ラレードでは夏の最高気温は40℃以上、11月でも30℃を超えることもあります。夏になると冷房は一日中入れたままです。ただ日本と違うのは湿度が低いので、外に出たときに暑いというよりは日光が痛いといった感じになります。外を歩く人もほとんどいなくて、近くでも移動するときは車を利用します。

ラソン大会に向けて少し調整しようかとも思いましたが、日中はとても走る気になれません。ランニングをするならば比較的涼しい朝となりますが、ラレードの朝はなぜか暗い感じがします。

10月最終日曜日まではサマータイムで、11月に入ると1時間ずれて遅くなっているからかもしれません。

この1週間は軽い調整でしたが、時差ボケもなくなり空の旅の疲れも取れて体調は万全です。

 

(その4)へ続きます。

1999年サンアントニオマラソンの旅(その2)-出発編

20年前のマラソン旅行、今回は「出発編」です。

アメリカへ出発する日がやってきました。ちょっとヒヤヒヤな空の旅です。

 

f:id:izayoi_no_tsuki:20201122170219j:plain

空港でのこと

10月29日の金曜日、いよいよ出発です。期待と不安と会社を休むというちょっとした後ろめたさを、JR駅で買ったアメリカへのお土産と共にバックパックにぎゅうぎゅうと詰めこみます。新幹線、成田エキスプレスと乗り継いで成田空港に到着です。ここまで来ると、海外に行くのだという実感が湧いてきます。

空港に着くとまずは宅急便で送っておいた荷物を受け取りに行きます。それから空港受け渡しの航空券を受け取るはずでしたが、指定されたカウンターがわかりません。出国手続きの時間が気になりますが、なかなか見つかりません。ちょっと不安になってきます。今度からは空港受け渡しの航空券は買わないぞと思いつつ空港内をうろうろします。(いまはeチケットの時代ですけどね)

仕方なくアメリカンエアラインのカウンターに行くと、受け取りの場所を親切に教えてくれました。なんてことはない、点滅する表示を見逃していただけでした。焦りました・・・。

航空券を受け取り、荷物を預けて、待ち合わせの彼とともに出国手続きも無事終えることができました。

 

f:id:izayoi_no_tsuki:20201123144109j:plain

 

機内でのこと

そして、ダラスF.W.空港まで約15時間の空の旅となります。

機内では、離陸して少しすると飲み物のサービスに続き、夕食が配られました。ビーフ、チキン、エビの3種類の中から好きなものを選びます。私は良く眠れるように飲み物はビールを、食事はチキンを選択しました。食事中や食後にも飲み物のサービスがあって、残さず食べると結構おなかいっぱいになります。座席の近かった同行の彼はと見ると、ビールを飲んでくつろいでいるようでした。

夕食後は機内が暗くなり新作の面白そうな映画が始まりますが、私は眠ることにしました。夜中?に軽食が配られてその気配で目がさめましたが、2本目の映画が始まる頃には再び眠りについていました。時差ぼけにならない様にするには映画は我慢してとにかく眠ることです。(←私の場合)

いつのまにか機内が明るくなり朝食のサービスが始まりました。シリアルかパンの選択で、私はパンを選びました。動かないのにおなかはすきます。旅行中は食事も楽しみのひとつなので、多少の体重増加は覚悟しておきます。朝食が終わると、ダラスF.W.空港も近くなってきます。窓の外は、アメリカの大地が広がっています。

 

アメリカ入国

現地時間の午後3時頃、ダラスF.W.国際空港に到着しました。

多少時差ボケはあるものの、お決まりの質問である滞在理由・日数・場所に答えて入国審査は難無く通過しました。もちろん会話はすべて英語です。審査官のお兄さんに英語が上手だねとお世辞を言われてうれしいけれど、本当はいつも同じ質問だから答えられるだけなのです。

次は手荷物の検査に向かいます。その前に、預けてあった荷物を流れてくるベルトコンベアーの上から引き摺り下ろし、カートに乗せます。手荷物の検査では、一人にしてはあまりにも荷物が多いからだと思うのですが、お土産の箱とバックパックの中をチェックされました。ここで私は、JR駅で買ってバックパックの中に入れておいたお土産用の牛タンを取り上げられてしまいました。アメリカでは肉類の持込が禁止されていたのです。勉強不足の自分が悪いのですが、大ショックでした。

気を取り直して再び荷物を預けて、国内線の出発ロビーに向かいました。同行の彼に、搭乗ゲートが変更になる事があると説明しながらモニターでチェックすると、言ったとおり変更になっていました。一度飛行機に乗り遅れたことがあるので、偉そうな事は言えませんが・・。

 

f:id:izayoi_no_tsuki:20201123145028j:plain

 

ラレード行きの国内線

ラレード行きの国内線に搭乗するために、飛行機の近くまでバスに乗って移動します。良く見ると、同行の彼と同じ会社の作業着を着た現地人らしき方数人と同じ飛行機でした。出張帰りの様です。

飛行機は小型のプロペラ機で、離陸後に空気の層をジャンプするように上昇していきます。小さい割にはあまり揺れもせず、ラレードに29日の夜9時に到着しました。

タラップで飛行機から滑走路に降り、歩いて空港の建物に向かいます。特に海外旅行の時なのですが、到着時にはその土地独特の香りを感じます。ラレードの空港では、花のようなちょっと甘い香りがしました。

空港ロビーでは、妹、旦那さん、甥、姪と一家総出で出迎えてくれました。そして会社関係者数人が同行の彼を迎えに来ていました。同じ便で来た会社の作業着を着た現地人らしき人達も、一緒に歓迎してくれていたようでした。

自宅を出てからちょうど24時間、長い空の旅でした。

 

※日本との時差:-15時間(サマータイム時:-14時間)

4月第1日曜日から10月最終日曜日まではサマータイムです。

 

(その3)へ続きます。

1999年サンアントニオマラソンの旅(その1)-準備編

私が初めて経験した海外マラソンが1999年に開催されたサンアントニオラソン(San Antonio Marathon)です。もう20年以上前のことなので記憶がかなり曖昧ですが、当時のことを思い出してまとめてみることにしました。 

 

f:id:izayoi_no_tsuki:20201122170219j:plain

 

何故サンアントニオラソン

当時、妹の旦那さんが仕事の関係でアメリカに赴任していて、夫婦と息子、娘の一家4人で、テキサス州のラレードというメキシコとの国境に近い町に住んでいました。それまで私も何度かラレードを訪れていましたが、帰国前にまた妹を訪ねて、せっかくなので近くのマラソン大会に参加してみようと思い立ったのでした。

そしてテキサス州のマラソン大会をインターネットで検索し、マラソン大会の一覧が掲載されたサイトを見つけました。英語で書かれたページでしたが、その中にあったのがサンアントニオで開催されるサンアントニオラソン大会です。

 

f:id:izayoi_no_tsuki:20201122170841j:plain

 

サンアントニオは妹一家の住んでいるラレードから車で約4時間のところにあります。

余談ですが、1999年といえばまだWindows95の全盛期で、インターネットもそれほど普及していない時代です。そんなPC環境の中でよく海外のマラソン大会を探し出したものだと、自分のことながら感心します。

 

ラソン大会の参加申し込みと出発準備

ラソン大会の参加申し込みもインターネットを利用しました。サンアントニオラソン大会のホームページにアクセスして、大会要綱や申込方法を確認します。当然ですが大会要綱も申込書もすべて英語です。当時はパソコンの翻訳機能アプリなどありませんでしたから、ずいぶんと英語辞典のお世話になりました。

まず、大会要綱を確認します。次に、申込フォームに名前、連絡先などを入力して大会のアドレス先に送ります。最後に、銀行で小切手をつくりエントリー費を郵送します。これで申し込み完了です。

本当にこれで大丈夫なのかと一抹の不安がありましたが、数週間後にサンアントニオラソン大会のホームページで検索すると、参加受付者の中に私の名前があったので少し安心しました。

参加受付の確認をしてから、旅行代理店で格安航空券の予約をします。そして、海外旅行保険に加入したり、成田までのJR切符を購入したり、スーツケースとお土産の詰まった大きなダンボール箱を宅急便で成田空港まで送る手配をします。出発日が近づくにつれしだいに準備が忙しくなってきました。

 

出発日直前になって

出発の一週間程前になって妹の旦那さんから、会社の出張で初めてラレードに来る人がいるので一緒に連れて来てほしい、という内容のメールが届きました。

出発前日、面識が無く不安だというその彼がわざわざ自宅まで来て、顔合わせをしました。話を聞くと、海外に行くのも飛行機に乗るのも初めてだといいます。そんな人を一人で海外に行かせるなんて・・無謀と言うか、厳しいと言うか・・。スマートフォンもない、いまから20年前のことです。

 

f:id:izayoi_no_tsuki:20201122170959j:plain

 

でもまあ、私にとっては旅の道ずれができて良かったかもしれません。とりあえず、彼とは成田空港で待ち合わせることにしました。

 

(その2)へ続きます。

ステンドグラス(その2)_ステンドグラスの作り方

ステンドグラスは作成する人や作品よって作成方法が多少違ってきますが、私の場合はステンドグラス教室で習った作り方になります。

(その1)ではテラリウムの製作過程を簡単にご紹介していますが、今回はステンドグラスの作り方について少し詳しく紹介します。作品は私が初めて作成したランプです。

 

ステンドグラスの作り方

①デザインと型紙の作成

教室では市販のデザイン集を使用することが多いですが、オリジナルのデザインを描いて作成することともできます。デザインの型紙は、同じものを3枚用意します。原画と、ガラスカット用、組み立て用として使用します。

f:id:izayoi_no_tsuki:20201117153308j:plain

3枚の型紙

②型紙のカット

ガラスカット用の型紙をハサミかカッターナイフで切り分けます。

ダブルシザースというハサミで、型紙より1mm程度小さく切ることもあります。

③ガラスの選択

ステンドグラス専用のガラスの種類はたくさんあって、選ぶのに迷います。ガラスを選ぶのも楽しい時間です。

④型紙の配置

ガラスの上にカットした型紙のピースを並べます。位置が決まったら糊で貼っていきます。

⑤ガラスのカット

オイルカッターで型紙に沿ってガラスに傷を付け、その傷に沿ってプライヤーでガラスを折ります。チリチリという音が聞こえるように力を入れると、ガラスにうまく傷をつけることができます。

f:id:izayoi_no_tsuki:20201117153420j:plain

オイルカッターとプライヤー

⑥ガラスピースの研磨

型紙と一致するように、カットしたガラスの縁をルータで研磨します。

研磨したガラスを組み立て用型紙の上に並べます。研磨を繰り返して位置や隙間を調整します。

⑦コパーテープを巻く

ガラスピースの縁の部分にコパーテープ(銅テープ)を巻きます。ガラスの縁に沿って「コの字型」にテープを貼るのですが、角の部分やガラスのカーブに沿わせるのが難しいところです。

f:id:izayoi_no_tsuki:20201117153506j:plain

 コパーテープを巻いたところ

⑧ハンダ付け

テープを巻いたピースを組み立て用型紙の上に並べて、周りにくぎを打ってガラスが動かないようにします。コパーテープ上にペーストを塗布してハンダが付きやすくしながら、ハンダを盛っていきます。

しわが寄らないように均一にこんもり盛るときれいな仕上がりになるのですが、これも難しい作業です。

f:id:izayoi_no_tsuki:20201117153557j:plain

ハンダ付け

⑨洗浄

ガラスについているペーストを中性洗剤で洗い流します。

⑩ハンダの黒染め

ブラックパティーナでハンダを黒く染めていきます。染めずにハンダの色のままにすることもあります。

⑪洗浄

最後に流水できれいに洗浄して完成です。

 

f:id:izayoi_no_tsuki:20201117153619j:plain

完成

現在製作中の作品

テラリウムを作成しています。やっとハンダ付けの工程まで進みました。ハンダ付けが終われば、ハンダを黒染めして完了です。あと少しなのですが・・・。進捗があったらまたブログにアップします。

 

ステンドグラス(その1)_テラリウム製作中

ステンドグラスを通して光が差し込むと、とても美しくロマンチックな雰囲気になります。そんな魅力的なステンドグラスについて、制作過程や完成品などをご紹介していきたいと思います。

 

誰でも作れます

ステンドグラスと聞くと教会のイメージが強いですが、最近は自宅でインテリアとして取り入れている方も多くいます。

私もガラスの美しさに魅了されてステンドグラスを作ってみたいと思うようになり、カルチャーセンターのステンドグラス教室に通い始めてもう8年になります。月1回の教室ということもあってなかなか上達しませんが、8年間で小物入れやフォトスタンド、パネル、ランプなど何点か作成できました。

 

ステンドグラスの作成手順

大まかに次のような工程です。ガラスのピースが細かくて多いほど時間がかかります。

①デザインと型紙の作成

②ガラスの選択

③ガラスのカット

④ガラスピースの研磨

⑤コパーテープを巻く

⑥ハンダ付け

⑦ハンダの黒染め

 

製作中の作品

現在製作しているのは、テラリウムです。

①型紙

型紙のピースは、1~6、Aの7枚×2、全部で14枚です。 

f:id:izayoi_no_tsuki:20201115224642j:plain


②ガラスの選択

透明なガラスを使用しています。

 

③ガラスのカット

型紙に合わせてガラスをカットします。

 

④ガラスピースの研磨

ガラスをカットして、少しずつ研磨しながら型紙に合わせて調整していきます。

f:id:izayoi_no_tsuki:20201115224823j:plain

 

⑤コパーテープを巻く

ガラスの縁に沿って「コの字型」にコパーテープ(銅テープ)を貼っていきます。

f:id:izayoi_no_tsuki:20201115224805p:plain

 

⑥ハンダ付け

コパーテープを巻いたガラスを型紙に合わせて固定して、ハンダを付けていきます。

f:id:izayoi_no_tsuki:20201115225557j:plain

1~6のガラスをハンダ付けして2面作成した後で、Aのガラスを間に挟んでハンダ付けしていきます。 

f:id:izayoi_no_tsuki:20201115224843j:plain

 

完成目標は来月

テラリウムの製作を開始したのは今年の春先からです。その後膝の手術のため入院したりして、なかなか進展しませんでした。コパーテープを巻き終わるまで、半年以上かかっています。

でもゆっくりですが、楽しみながら作成しています。

今日は月一回のステンドグラス教室でした。まだハンダ付けの途中でしたが、時間切れとなってしまいました。

完成は、来月のお楽しみです。いや再来月になるかもしれません。なにせ、不器用なもので・・。